なぜかデジタルイラストを描きたいお気持ちが高まっていて、最近はお絵かきの練習をしています。

一応ペンタブは持っていたのですが (Wacom Favo CTE-440) 、さすがに古い機種で今の macOS では動作しませんでした。

量販店で液晶ペンタブレットを試しに触ってみたところ、さらにお気持ちが高まり、 Wacom Cintiq Pro 13 を買いました。 本体のほかに、Cintiq をより快適に使うためのアイテムをいくつか買ったので、その話を書いておきます。

USB Type-C L字型変換アダプタ

Cintiq Pro 13 では、電源/映像/ペン操作情報のすべてが一本の USB ケーブルで伝送できるようになっています。 ケーブル1本だけ挿せばよいのは良いですね。

ただ、USB 端子が本体の左にあり、ケーブルを挿すと真横に端子がのびるのが気になります。

これが結構邪魔で、うっかり手で上から押さえつけてしまったら、ケーブルも本体も破壊してしまいそうです。

USB Type-C 用のL字型変換アダプタを使って、ケーブルの向きをかえてみることにしました。

だいぶすっきりしました。 ケーブルはタブレット背面にまわし、スタンドの間から後ろにのばしています。 アダプタを経由しても、映像やペンの動作には特に影響は無いようでした。

USB 端子の位置は、将来のモデルで改善されるといいなーと思っています。

液晶保護フィルム

Cintiq Pro 13 には、出荷時から画面にフィルムが貼られているようです。

こちらのブログによると、最初から貼られているフィルムを交換する場合は、修理対応になるとのことでした。

Cintiq 13HD に最初から貼ってある液晶保護フィルムの交換についてサポートに聞いた - ヤルキデナイズド
最近の Cintiq 13HD には最初から液晶保護フィルムが貼ってある(2013年秋ごろかららしい)。これに傷がついたらどうすればいいか、自分で交換できるのか、というか剥がせないっぽいけど上から他社の液晶保護フィルムを貼っていいのか、ワコムのサポートにメールで問い合わせてみた。 ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K1 【新型番】2015年1月モデル出版社/メーカー: ワコム発売日: 2015/01/23メディア: Personal Computersこの商品を含むブログを見る 質問と回答 Q 液晶保護フィルムは自分で交換できるか? A…

液タブの場合、画面を直接さわってペンでガシガシ書いていくことになるので、何かしらの保護はしておきたいなと思いました。

修理対応は面倒なので、上から保護フィルムを貼ることにしました。

購入したのは Cintiq 13 HD 用のものです。 シートの大きさはタブレット本体より小さいですが、液晶モニタ部分はしっかりと覆うことができます。 普段ペンや指で触れる箇所が保護できていれば良いので、サイズぴったりでなくても個人的には気になりませんでした。

タブレット用グローブ

Cintiq Pro 13 はマルチタッチ機能が付いており、ペンによる操作のほか、スマートフォンのように指でタッチして操作できます。 画面拡大や移動など、直感的に操作できるのは使い勝手が良いです。

ただ、ペンを持った手を画面につけると、結構な頻度でタッチ操作として誤認識します。 気がつくと、意図しない点や線がポツポツと描かれてしまうんですよね。

こまめに Touch OFF モードに切り替えるのも面倒です。

イラストレータさんのメイキング動画で手袋している人いたなーというのを思い出し、誤動作防止に効果がありそうな商品がないか探してみました。

買ってみたのはエレコムの液タブ用グローブです。

誤認識がゼロにはなりませんが、かなり改善がみられました。 画面操作 → ペン操作のたびに、都度 Touch ON/OFF を切り替えることは少なくなりました。

画面上での手の動きがスムーズになったのもうれしいですね。